ファクタリング会社の入金スピードや特徴を徹底解説!!おすすめファクタリング会社の人気比較!!
疑問1

「ファクタリングを考えているけど、どんな会社が適しているんだろう?」

当面の資金繰りにあたって、ファクタリング会社選びに迷っている事業者の方もおられるのではないでしょうか。
ファクタリングの仕組みや、会社ごとの強みなどファクタリングについては、わからないことが数多くありますよね。
とはいえ、よくわからないからといって、適当な会社選びをしていては損してしまいます。
この記事では、数多くの会社の中から4つの会社をピックアップして紹介しつつ、記事中でファクタリングの仕組みにも言及しています。
記事後半では、一括査定サイトの紹介もしています。

通常説明1

ファクタリングのことがよくわからない、会社選びに迷っている方はぜひ、内容をご確認ください。
ファクタリングは個人事業主・経営者向けのサービスなので、会社員の方は下記記事をご覧ください。

フリーナンス

個人事業主、フリーランスのための「お金と保険のサービス」

フリーナンスは3つのサービスが軸となっています。

フリーナンスの3つのサービス
  1. 即日現金化即日払
  2. あんしん保証
  3. あんしん保証プラス

以下、それぞれのサービスについて詳しく解説していきます。

請求書を即日現金化

即日払いは、手元の請求書をフリーナンスが買い取ってその代金を最短即日で銀行口座に現金が入金されるという仕組みです。
手数料は請求書額面の3%~10%となっており、フリーナンス口座を使えば使うほど手数料は安くなります。
取引先に知られることなく、現金化できることも大きなメリットとなっています。

利用イメージは以下の通りです。

利用にはフリーナンスの口座を開設しなければいけません。
報酬の入金先をフリーナンス口座に指定することで、即日現金化が可能となるのです。

ひらめく1

ピンチやチャンスのときでも、すぐに手元に現金を調達することができます。

あんしん補償とあんしん補償プラス

あんしん補償は、フリーナンス口座を開設するだけで無料付帯される補償制度で、仕事中の事故や納品物の欠陥によって起きた事故の補償に加え、情報漏えいや著作権侵害、偶然の事故による納期遅れによる補填などを行います。
補償の一例は以下の通りです。
(フリーナンス公式サイトより抜粋)

フリーナンス補償内容
  • 陸上競技をドローンで撮影中、突風により操縦不能に陥り、選手に怪我をさせてしまった(業務遂行中の事故)
  • 市の依頼で作成したゆるキャラのきぐるみの設計上のミスにより中の人が酸欠状態で病院に運ばれた(仕事の結果の事故)
  • 写真撮影用に預かっていた新製品の模型を、アシスタントが転んで壊してしまった(受託物の事故)
補償限度額 期間中の限度額 自己負担額
業務中の事故 5,000万円 なし なし
仕事の結果の補償 5,000万円 5億円 なし
受託財物の補償 500万円 5億円 なし
業務過誤の補償 500万円 5億円 なし

情報漏えいや著作権侵害、納品物の欠陥、偶発的事故による納期遅れなどの補償は業務過誤の補償となり、上限500万円の限度額となります。

あんしん補償プラスではあんしん補償対象外の、病気による所得の補償、生活や旅行中のケガ、天災によるケガの補償など、損害保険と同じような補償まで拡充するサービスです。
あんしん補償プラスもフリーナンス口座開設が条件となりますが、団体割引等適用のため「一般社団法人フリーナンスAWS協会」に一般会員として加入しなければいけません。
加入費用は年額3,000円となります。

自己管理が重要なフリーランスに最適なサービス

メインとなる補償サービスは会社員と違い、守ってくれる組織がないフリーランスには必須とも言えるサービスです。
口座を開設するだけで、請求書の現金化にも対応してくれますのでピンチやチャンスの時でも手元現金を確保することができます。
収益の一部の入金先をフリーナンス口座へ指定し、フリーナンスのサービスを活用してみてはいかがでしょうか。。

おすすめ度 5.0
入金までの期間 最短即日
会社員の利用 NG
備考 請求書現金化の他、フリーランスにはうれしい手厚い補償サービスが強み



QuQuMo

オンライン完結でスピードを追求

QuQuMoはQuality、Quick、Moneyの言葉を統合してつけられたサービス名で、できる限りの資金調達スピードを追求している売掛金前払いサービスです。
なんと、入金までの催促時間は2時間です。
殆どのケースで即日入金が可能なっており、手続きはすべてオンラインで完結します。

QuQuMoの強み

QuQuMoの特徴的なアピールポイントは以下の4点です。

QuQuMoの特徴的なポイント
  • スマホ、PCのみのオンライン完結
  • 申し込みから入金まで最速2時間
  • 売掛金があればどなたでも取引可能
  • 必要書類は請求書と通帳だけ

手続きはオンラインのみで、書類は2点のみ、申込みから入金まで最速2時間、完結かつ迅速な手続きが最大の売りとなっています。
電子契約サービスのクラウドサインを使うので、オンライン上での契約の取り交わしが可能となっているのです。

資金調達までの流れ

資金調達までの流れ
  1. 申し込み
  2. 見積もり
  3. 契約と入金

この3つのステップのみ、所要時間約2時間で入金されます。
Webサイトから見積もりを依頼し、直ちに審査が開始され提示された金額を了承すると完了です。
極めてシンプルな流れですね。

2社間ファクタリングのみ

最速を実現するサービスが売りとなっているせいか、3社間ファクタリングの提供はありません。
2社間ファクタリングだからこそ実現できる入金の早さとなっています。
2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングに比べて手数料が割高になりがちなので注意が必要です。

とにかく速く現金化したいという方にオススメ

最速入金を謳っている会社は数多くありますが、その中でもQuQuMoの入金スピードの早さは群を抜いています。
オンラインのみで完結し、来社が一切不要となっていますので、遠方の方や忙しい方にも最適です。

ひらめく1

2社間ファクタリングでも問題なく、最速入金を求める方にオススメできるファクタリング会社です。

おすすめ度 4.5
入金までの期間 最短2時間
会社員の利用 売掛金さえあればOK
備考 とにかく速く現金化したい方向け



株式会社エスコム

最短翌日に最大1億円までの資金化が可能

資金調達のプロが様々な状況に応じたプランを作成し、確実な事業資金の調達から経営の相談まで受け付けています。
株式会社エスコムのアピールポイントは以下の4点です。

株式会社エスコムのポイント
  • 最短翌日に最大1億円の調達
  • 業界最低水準の手数料
  • 日本全国対応
  • 金融業界に精通した経験豊富なスタッフ

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは株式会社エスコムが提供するファクタリング方法です。
2社間ファクタリングの流れは以下の通りです。

2社間ファクタリングの流れ
  1. ファクタリング会社が顧客の売掛債権を買い取る
  2. ファクタリング会社が買取代金を顧客の口座へ振り込む
  3. 売掛先企業から入金があれば、ファクタリング会社へ支払う

2社間ファクタリングの強みは顧客と、ファクタリング会社の取引となるため売掛先の企業からの承認がいらず、知られることがない点です。
信用の毀損を心配する必要がなく、今後の取引に影響しないのは安心できるポイントです。
資金調達完了のスピードが速い点も、見逃せないポイントです。
3社間ファクタリングの場合、相手先の企業から承認を取らなければいけないので、必然的に資金調達完了まで日数がかかってしまうのです。
2社間ファクタリングは3社間ファクタリングに比べて、手数料が割高となります。

3社間ファクタリング

株式会社エスコムでは、3社間ファクタリングの方法も提供しています。
3社間ファクタリングの流れは以下の通りです。

3社間ファクタリングの流れ
  1. 審査時に売掛先企業にファクタリング契約の承認を得る
  2. 審査通過後、顧客、売掛先企業、ファクタリング会社の3社で契約を結ぶ
  3. ファクタリング会社から顧客の口座へ入金
  4. 期日までに売掛先企業がファクタリング会社に売掛金を支払う

売掛債権の譲渡を取引先の企業へ伝え、支払先を変更する流れとなります。
手続きの関係上、2社間ファクタリングに比べると多少時間がかかってしまいますが、ファクタリングによる手数料が安い点が強みです。
売掛先企業の承認が必要ですが、理解を示してくれる取引先であれば3社間ファクタリング契約のほうがオススメです。

ファクタリング方法まとめ

通常説明1

2社間と3社間ファクタリングについて、以下にまとめました。

手数料 特徴
2社間ファクタリング 5~12% 誰にも知られない、スピード重視
3社間ファクタリング 1.5~5% 手数料を抑えれる

売掛先企業に理解があり、ファクタリングを知られても良い場合は3社間ファクタリングがオススメです。
とにかく急ぎで、という場合は手数料が割高になりますが2社間ファクタリングがオススメです。

規模の大きなファクタリングが得意な株式会社エスコム

株式会社エスコムの最大の強みは調達金額の高さとスピードです。

株式会社エスコムの強み
  • 新規事業で手元資金が不足しがち
  • 入金のサイトが長い
  • 取引先の入金遅延の発生

このようなケースに遭遇した場合でも、ファクタリングをうまく活用することで状況を乗り越えることができます。
資金調達のプロが集う会社なので、様々な状況にあわせてプランを提案してくれるでしょう。
会社の状況しだいでは、活用したいファクタリング会社です。

おすすめ度 4.0
入金までの期間 最短翌日
会社員の利用 NG
備考 最短翌日最大1億円の資金調達が可能



株式会社ネクストワン

来店不要の簡単手続きで最短翌日に資金化

株式会社ネクストワンの強みは煩わしい手続きが無く、最短1分で簡単査定、翌日には資金化が可能という点です。
必要書類の削減により、手続きの簡略化に成功しています。
2社間ファクタリングと3社間ファクタリングが用意されています。

ひらめく1

手数料が安い点も見逃せないポイントです。

利用までの流れ

株式会社ネクストワンの利用までの流れ
  1. 相談、問い合わせ
    ファクタリングについて、どの程度の期間がかかるのかなど細かい内容を受け付けます。
  2. 申し込み
    顧客の簡単な会社概要と、売掛先企業の会社概要などを伝えます。
    ヒアリングは5分から10分程度で完了し、売掛先企業の審査に移ります。
    時間がない場合は、FAXやメールにて詳細を伝えることも可能です。
  3. 面談、審査
    必要書類を揃えた後来店、もしくはネクストワンからの訪問によりスタッフとの面談を行います。面談が難しい場合、メールやFAXにて書類を提出することもできます。面談には、おおよそ1時間程度かかりますので、時間に余裕を持って面談にのぞみましょう。
  4. 最終確認
    審査後、金額などの買取条件が提示されます。条件を承諾したら契約の日時を取り決めます。最終確認の時は来店の必要はありません。
  5. 契約、ファクタリングの実行
    最終確認を終えた後、契約完了し即日指定の口座へ買取代金が入金されます。
    ファクタリングは売掛先の企業の信用が見られるため、設立期間や赤字決算であっても、さほど影響がありません。

利用者からの声

調達額 かかった期間 手数料 利用者の声
建設業 1,200万円 2日 6% 担当者が親身に相談に乗ってくれたおかげで、
資金繰りが改善された。
手数料も抑えることができ、満足。
リフォーム業 480万円 翌日 7% 支払い直前で資金不足が露呈し、
ファクタリングに申し込み。
細かいところまで見てもらえたおかげで、
今では支払いの見落としがなくなった。
軽配送業 620万円 翌日 7% 遠方からの利用だったが、
メールやFAXで対応してもらい、
電子契約を使い、来社の必要なく、
ファクタリングができた。

手続きが簡単で遠方からの利用はメールやFAXで対応

株式会社ネクストワンでは、煩わしい手続きを簡略化しており、最短翌日のファクタリング実行を実現しています。
遠方からの利用では、全てメールやFAXで対応することができ、わざわざ来社する必要がありません。
株式会社ネクストワンは急ぎの資金調達の心強い味方となるでしょう。

おすすめ度 4.0
入金までの期間 最短翌日
会社員の利用 NG
備考 手続きが簡略化されており、煩わしさがない。



チョウタツ王

売掛金売却の一括査定サービスを提供

チョウタツ王は、数多くのファクタリング会社から自分に最適な会社を見つけ出すための一括査定サービスを提供しています。
最小限の時間と労力で売掛金売却金額の再考値段を知ることができます。
ファクタリングの会社は数多くありますが、1件づつ細かく吟味していくことは時間的に、現実的ではありません。
とはいえ、検索上位から問い合わせていくのも良い選択とは言えないでしょう。
売掛金売却が一括査定できるチョウタツ王は、ファクタリングを考える事業主には、心強い味方です。

最適なファクタリング会社探しと労力の削減

複数のファクタリング会社から提示された価格を見て驚くことがあるかもしれません。
ファクタリング会社は、エリア、業種、取引内容で得手不得手があり、その結果見積内容に大きな差が出るのです。
したがって、数社のみで見積もりをとって依頼することは、損をしてしまう可能性が高いのです。
ファクタリングを検討する場合、一括査定サービスを活用し、できるだけ多くの会社から見積もりを取るようにしましょう。



まとめ

ファクタリング会社はそれぞれ強みをもっており、用途に応じて最適な会社を選ぶことが大事なポイントです。
フリーランスに最適化されたフリーナンス、スピードに特化したQuQuMoは特に目立った特色を持ったファクタリング会社です。
ファクタリングの方法によって手数料が変わるなど、基本的な仕組みを熟知しておきましょう。
売掛金売却価格を一括で見積もりできるチョウタツ王の一括査定サイトは、ファクタリングを検討するときに便利に使えますので有効に活用したいところです。
まずはしっかりとした情報を集め、損をしないファクタリングを実践しましょう。