【最新版!!】ツケ払い(後払い)現金化サービスのおすすめ業者と口コミ評判を解説
融資情報発信局おすすめツケ払い会社情報

みなさん!!急に現金が必要になる場面ありますよね。

  • 子どもが高熱を出して緊急医にかからなければいけなくなった
  • 知人が急逝しお通夜やお葬式に行かなければならなくなった
  • トラブルや交通事故で示談金を迫られている
  • 友人から借りた支払いが・・・

といった感じの急にお金が必要になる場面がありますよね。

当サイトでは、急に現金が必要になった場合の資金調達方法について解説しています。

お金がない人必見のお金を借りる方法

急に現金が必要になった場合、まず考えるのが銀行の預金口座からお金を引き出すことでしょう。
銀行は3時までで閉まりますが、ATMは深夜まで利用できます。
土日祝日も手数料はかかりますが使えます。

また、コンビニのATMなら365日24時間利用可能です。
預金口座にお金があれば、急な現金需要にも対応できるはずです。

しかし、急な出費の時に限って口座に残高がない可能性がありますよね。

さらに、最近もあったように大手都銀でもシステムトラブルでATMが利用できなくなることがあります。
突発的事態は誰も予測できません。

キャッシュカードを使おうと思ったら、磁気の部分が破損して読み込まないというケースもあります。
そうなると、ATMとキャッシュカードがあってもお金を引き出せないことになります。

急な現金需要に対応できないのは、口座にお金がない人だけではなく、十分にお金があっても普段は現金を持ち歩かないキャッシュレス派の方も、現金を調達できない事態に陥る可能性があります。

すべてキャッシュレスで支払えればよいのですが、残念ながら日本の社会システムはそこまで進んでいません。

というわけで、手持ち現金がなく、様々な理由で現金が必要になり、トラブルが重なり預金を引き出せない事態が起こり得ます。
その場合、何とかして現金を用意する方法を考えなければなりません。

「借りる」のはリスクが大きい!?

手持ち現金がないなら借入をする方法が思い浮かびます。
これはどうなのでしょうか?いちばんスタンダードな方法のように見えますが、実は落とし穴があります。

カードローンや消費者金融は信用情報にマイナス

金融機関からのお堅い借入ではなく、消費者金融やカードローンを利用する方法はいかがでしょうか?
「即日融資」を謳っているところもあり、急な資金需要にも間に合うかもしれません。

しかし、消費者金融やカードローンを利用した場合、その履歴が信用情報に残ります。
この履歴はネガティブな評価となり、今後に影響します。
消費者金融を利用する人などは、お金の使い方に計画性がないということでマイナス評価になります。

のちに、銀行等の金融機関から住宅ローンや教育ローンの借入を受けたい場合、その時の消費者金融やカードローンの利用歴があだとなり、審査に落ちる可能性もあります。

これらの借入方法はリスキーであると考えるべきです。
それなら、後述のような当サイトが紹介する方法がおすすめです。

借入ではない方法で現金を調達するメリット!

借入ではない方法で現金を調達するメリット!
現金が必要になった場合、借りるというのはどの方法もリスクやデメリットがあります。
本来は自分の口座から引き出せればよいのですが、そうもいかない場合に以下の方法を検討してみてはいかがでしょうか?

当サイトでは下記をおすすめします。

笑顔1
今回は時間のかからない融資先をピックアップしていますのでぜひご自分にあった融資先を探してみてくださいね。

融資情報発信局おすすめ記事ランキング