【ブラックでも借りる方法】後払い(ツケ払い)サービスのメリットと注意点を徹底解説
悲しい

今月は手元に現金が全然ないからお金を借りてしのぎたいけど
できればカードローンやファクタリングは使いたくない。
他のいい融資方法があれば知りたい

お金の都合をつけたいけど、できるだけ金融機関からお金を借りずに
【現金化して乗り切りたい】
と考えるかたは多くいらっしゃるでしょう。
銀行やカードローンの会社からお金を借りると信用情報に登録されてしまいますよね。
やましい事ではありませんが、そこが気になって他の現金化を考えたくなります。
この記事では、ファクタリング・銀行・消費者金融といったお金を借りる方法に変わる手法の
後払い現金化(ツケ払いサービス)を紹介しています。
新しい現金化の方法を知りたい方は、ぜひ記事内容をご確認ください。

後払い現金化(ツケ払いサービス)とは?

簡単にお伝えすると、商品を後払いで購入し、キャッシュバックやレビューに対する報酬など、
様々な方法で現金化を提供するサービスです。
共通する点は、後払いで購入し、おおよそ1ヶ月以内に支払うことですが、本質的な内容はお金を借りて返す流れと同じとなります。
手数料を引いた金額が渡され、返済日に満額返す仕組みです。

後払い現金化(ツケ払いサービス)専門会社をうまく使って現金を手に入れる

クレジットカードのショッピング枠現金化やキャリア決済枠の現金化と同じく、後払いによる現金化も自力でできますが、多くの手間がかかるので専門業者にまかせてしまいましょう。
ショッピング枠の現金化は、換金率のいい商品を探して販売先を見つけて販売し、発送までしなければいけません。
最近では、買い物代行方式の現金化以外にもいくつかの方法が考案され、サービス化されています。

後払い現金化(ツケ払いサービス)専門会社による現金化の手法

後払い現金化(ツケ払いサービス)専門会社は色々な方法で、現金化を目指しますがすべてに共通している点は、利用者はなにもしなくても現金化できるという点です。
後払い現金化専門会社が行うことは

後払い現金化専門会社の利用の流れ
  1. 後払いで購入する商品の販売
  2. キャッシュバックや宣伝報酬で即現金化
  3. おおよそ1ヶ月以内に代金を回収

このステップを踏むことにより利用者はスムーズに現金を手にすることができるのです。

後払い現金化(ツケ払いサービス)の現金化の仕組みと種類を解説

後払い現金化(ツケ払いサービス)の現金化の仕組みと種類を解説
後払い現金化(ツケ払いサービス)はどのような仕組みで、現金化しているのでしょうか。
ツケ払いサービスの種類ごとに現金化の方法が異なっており、現金化の種類は以下の通りです。

後払い現金化(ツケ払いサービス)の種類
キャッシュバック方式 宣伝方式 販売代行方式
キャッシュバック商品を後払いで購入し、商品とキャッシュバックを受け取る。 電子書籍などを後払いで購入し、レビューを書くことで宣伝費用を受け取る。 商品の購入や販売を代行業者へ委託し、差額を受け取る。

以下、種類ごとに仕組みと内容を解説していきます。

キャッシュバック方式の後払い現金化

キャッシュバック方式は、購入した商品に対してキャッシュバックを行い現金化する方法です。

転売代行方式利用の流れ
  1. キャッシュバック付き商品を後払いで買う
    キャッシュバック特典つきの商品を後払いで購入します。
    販売されている商品はデジタルアートやデジタルコンテンツがメインとなっています。
    商品には販売促進名目のキャッシュバックが設定されており、購入代金を後払いに設定することで、現金化の流れが完成します。
  2. 商品とキャッシュバックの受取
    後払いの購入が完了すると、10分~30分前後で商品とキャッシュバックの現金が入金されます。
    商品がデジタルアートやデジタルコンテンツなので、このような早さで取引が実現します。
  3. 商品代金を支払う
    設定した日までに後払い金を支払います。
    基本的に代金の支払日は翌月の給料日か1ヶ月以内の指定日となります。
    後払いが完了すると、貸借関係が精算され取引は完了します。
    支払いが難しい日を設定してしまうと、今後利用を断られる可能性がありますので、注意が必要です。

宣伝方式の後払い現金化

宣伝方式のツケ払いサービスは、購入した商品にレビューをつけることで宣伝報酬をもらう形式で現金化する方法です。

転売代行方式利用の流れ
  1. 宣伝方式ありの商材を後払いで購入
    対象商品を後払いで購入します。
    主な商品は情報商材やFXの自動売買ソフトなど、オンライン上で取引が完了する商材となっています。
    情報商材が確かな内容であれば、そのまま副業に活かすことができるかもしれません。
  2. 商品のレビューを書いて報酬を受取る
    購入した商品のレビューを行うことで宣伝報酬が業者から入金されます。
    レビューの投稿は現金化のための形式的なものなので、1行程度の簡単な内容でも問題ありません。
    レビューを投稿すると、その後すぐに宣伝報酬が入金されます。
  3. 後払いで商品代金を払う
    後払い分の代金を指定の日に支払います。
    こちらも翌月の給料日、1ヶ月以内の指定日に設定された日に忘れずに支払いましょう。
    万が一遅れることがあれば、次から利用を断られる可能性がありますので、注意が必要です。

転売代行方式

代行業者へ購入や売却を依頼し、差額を受け取る方式で現金化する方法です。
少しわかりにくい方式ですが、手順は以下の通りです。

転売代行方式利用の流れ
  1. 商品の購入と売却を代行業者へ委託
    商品の購入と売却を代行業者へ依頼します。
    依頼を受けた代行業者で購入から販売まで行い、転売による利益を出します。
  2. 転売した差額を受け取る
    代行業者による購入価格-売却価格の利益が受取できる現金化の金額です。
    取引の迅速化のため、商品はデジタルコンテンツがメインとなります。
  3. 商品購入代金の支払い
    後日、代行業者が購入時に使った金額を支払って取引が完了します。

後払い現金化ご利用ガイド

後払い現金化ご利用ガイド
さまざまな現金化の方式がありますが、どの方式でも基本的な流れは同じです。
現金化から後払い完了までの手続きを紹介します。

専門業者へ申し込み

現金化の業者へ申請を行います。
先述のとおり、現金化には様々な方式がありますので、業者選定のため下調べを行う必要があります。

在籍確認と書類の提出

申込時は、必要書類の提出が必要です。
いくつかのサイトを確認したところ、主に以下の書類の提出が必要とされていました。

在籍確認と書類の種類
  1. 免許証などの顔写真付本人確認書類
  2. 保険証
  3. 直近の給与明細
  4. 社員証など

業者によっては在籍確認が行われることがあります。
社員証や名刺の提出が在籍確認の代わりになるケースもありますので、在籍確認を避けたい場合、業者へ相談してみましょう。

審査

信用情報機関への照会はありませんが、業者内での審査が行われます。
審査は提出書類を元に行われ、以下の項目が重点的に確認されます。

審査内容と審査する項目
  1. 現在の収入
  2. 現在の借入金
  3. 他社の利用歴

業者は後払いをちゃんとしてくれるか、という点をしっかりと見定めます。
基本的に利用者の提出する書類や発言内容でしか、審査ができませんので人柄を見られる可能性もあります。
事前にヒアリングがある場合は、いいかげんな態度を取らないようにしましょう。

商品の販売価格の設定と現金化可能な金額の確認

審査を元に、現金化可能な金額が提示されます。
業者から提示される条件はそれぞれ以下の通りです。

後払いの種類 提示される条件
キャッシュバック方式 商品価格とキャッシュバック率
宣伝報酬方式 商品価格と宣伝報酬額
転売代行方式 購入価格と売却価格

条件により実質的な手数料が決められ、各サイトを確認してみたところおおよそ20%~40%程度の手数料がかかります。

商品購入

審査結果と提示された条件に納得の上で、商品の購入手続きに進みます。
購入は後払いなので、この時点で支払いする必要はありませんが、後払いで支払う旨を記載した契約書にサインをし、契約を締結します。
契約書の内容をしっかりと確認し、サインをしましょう。

口座へ現金が入金される

後払い契約が成立したあと、商品が送られ現金を即日、受け取ることができます。

おおよそ1ヶ月以内に後払いを完了

おおよそ1ヶ月以内に業者へ支払いを行います。
1ヶ月以内となっていますが、大半の場合は次の給料日に設定されることが多いです。
延滞はトラブルの元となりますので、期日をきちんと守って支払いを完了し取引を終わらせましょう。

後払い現金化(ツケ払いサービス)の疑問を解消!

後払い現金化(ツケ払いサービス)の疑問を解消!
初めて後払い現金化(ツケ払いサービス)を利用するにあたって、さまざまな疑問や不安があると思います。
この項目は、後払い現金化(ツケ払いサービス)の代表的な疑問点にお答えしています。
利用を検討している方は、先に気になる点を解消しておきましょう。

手数料はどのくらいかかる?

手数料は高く設定されており、平均相場は、20%~40%となっています。
即日現金化・厳しい審査がない点と手数料の高さのこの3点をしっかりと検討したいところです。
金融機関で借りることができる方はあえて、後払い現金化(ツケ払いサービス)を利用する必要はないでしょう。

現金化できる金額相場は?

後払い現金化(ツケ払いサービス)によって現金化できる金額は審査次第ですが、各サイトを確認してみたところ、おおよそ1万円から高いもので10万円となっていました。
現金化できる金額が高くなると手数料も高くなりますので、検討するときは業者から提示される条件をしっかりと確認するようにしましょう。

商品は自宅に届くのか

後払い現金化(ツケ払いサービス)で購入する商品はデジタルコンテンツがほとんどなので、クレジットカード現金化と違い自宅に商品が届くことはありません。
転売方式の場合は、デジタル商品のやりとりもありませんので、秘密に取引を行うことができます。

秘密にできるのか

後払い現金化(ツケ払いサービス)は審査の段階で、在籍確認を行う場合がありますので、現金化しようとしている事がバレる可能性はあります。
在籍確認を行う業者の場合、個人名での問い合わせを希望するなど、事前に業者と打ち合わせしておいたほうが良いでしょう。

後払い現金化(ツケ払いサービス)のメリットとデメリット

後払い現金化(ツケ払いサービス)のメリットとデメリット
後払い現金化(ツケ払いサービス)のメリットとデメリットを以下の表にまとめました。

後払い後払い現金化(ツケ払いサービス)のメリットとデメリット
メリット デメリット
信用情報の照会がない 手数料が高い
即日現金化が可能 消費者金金融と比べて借りれる金額が少ない
形式上後払いなのでリスクがない 闇金業者の流れものが存在する

いくつかの気になる点をみていきましょう。

即日現金化が可能

後払い現金化(ツケ払いサービス)の最大のメリットはその日に現金化できるという点です。
カードローンの会社でも即日融資可能な会社はありますが、審査の過程が根本的に違いますので、即日融資の強みは後払い現金化(ツケ払いサービス)のほうに軍配があがります。
このスピード感は、すぐにでも現金がほしいという方には大きなメリットとなるでしょう。

アカウント停止などのリスクがない

クレジットカード現金化や携帯決済枠の現金化はバレてしまうと強制解約やアカウント停止の措置がとられます。
自力で行う後払い現金化はとても大きなリスクを負うことになるのです。
後払い現金化(ツケ払いサービス)は業者とのやり取りになりますので、リスクを負うことがありません。
現金化は専門業者に任せたほうが安心ですね。

手数料が高い

リスクを負わずに即日現金化できる後払い現金化(ツケ払いサービス)は、資金繰りに困っている方にはとても助かりますが、便利なだけに手数料が高く設定されています。
資金繰りに困っている人は、高い手数料でも助かる方はいると思いますので、主観的判断によるものとなります。

後払い現金化(ツケ払いサービス)は業者を見極めて利用しましょう

新しい即日融資を売りにした後払い現金化(ツケ払いサービス)は、すぐにでも現金が必要な方にとって心強いサービスです。
現金化の方法はいくつかの種類があり、業者によってそれぞれ強みがありますので、利用にあたって、まずは業者の選定が必須です。
優良業者のみをピックアップしたランキングを作成していますので、ご利用の際はぜひご確認ください。
優良業者をうまく活用して、無理のない現金化を行いましょう。