【土日祝日でもお金を借りる方法!!】申込みから入金まで即日対応のお金を借りる方法とメリット・デメリット

疑問1

「急な出費が重なって生活がきつくなってしまって急ぎで現金を手に入れる方法ってないのかな?」


日々の生活の中で、お金のやりくりに困って今すぐにでも現金が必要ということもあると思います。
クレジットカードがあれば自分でも現金化できる方法はありますが、手間がかかってしまい場合によっては大きく損してしまうこともあります。
この記事では、どうしても現金化が必要な方向けに最速の現金化が可能な後払い現金化(ツケ払いサービス)のメリットや注意点を紹介しています。
記事の後半では、気になる在籍確認についても詳しく解説していますので、後払い現金化(ツケ払いサービス)の利用を検討している方は、優良業者で構成されたランキングも用意していますので、ぜひこの記事をご覧いただき参考にしていただけたらと存じます。

後払い現金化(ツケ払いサービス)の特徴とメリット

後払い現金化(ツケ払いサービス)の特徴とメリット
後払い現金化(ツケ払いサービス)のメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
以下、特徴をピックアップしました。

ネット完結で融資が受けられる

融資実行までインターネット・電話のやり取りのみで完結します。
時間をとってわざわざ来店する必要がないのは、会社勤めで平日が特に忙しい方にとっては大きなメリットです。
とにかく速く現金化したい、という方にとっても無駄な移動時間がなくなるので、ありがたいですよね。
本人確認書類などの必要書類を提出しなければいけない場合もありますが、メール添付で対応できますので、来店の必要はありません。
最短で1時間程度で現金を手にすることが可能です。

即日融資可能

ほとんどの運営会社は即日融資・即日入金が可能です。
土日祝日も受け付けている業者が多い点も助かりますね。
来店の必要がなく、融資も即日で入金してもらえますので、申込みから最速で2~3時間後に現金化完了する場合も。
後払い現金化(ツケ払いサービス)は速さという点では、大きなメリットをもつサービスなのです。
業者によっては入金までに時間がかかる場合もありますので、急ぐ場合は必ず【即日対応】となっている業者を選ぶようにしましょう。

審査の基準が緩やか

後払い現金化(ツケ払いサービス)の利用条件は、基本的に働いて定期的に給料を貰っていることのみです。
給料日に支払いできるだけの金額があれば良いのです。
そのため、働いていないと審査が難しくなりますが、最低年収などの決まりがありませんので、
カードローン等に比べると審査が通りやすいのです。
アルバイトやパート、契約社員でも問題ありません。
利用のハードルが低く、多くの方が利用できるようになっています。

金融ブラックでもOK

後払い現金化(ツケ払いサービス)は借り入れではありませんので、
信用情報が影響することがありません。
したがって、カードローンなどで起こしてしまった金融事故があっても、後払い現金化(ツケ払いサービス)の現金化には特に関係がないのです。
ブラックとなってしまい金融会社の審査が通りにくい方でも、後払い現金化(ツケ払いサービス)であれば問題なく現金を手にすることができます。
金融ブラックで借入先にお悩みの方にとって、後払い現金化(ツケ払いサービス)は希望の借入先になるのではないでしょうか。

使用用途が審査に影響しない

後払い現金化(ツケ払いサービス)は、借入金の使いみちが審査に影響しません。
金融会社からの借り入れの場合、審査の段階で使いみちの名目しだいでは審査が通らないこともあります。
後払い現金化(ツケ払いサービス)限定的な金額ということもあり、審査内容が緩めなのです。
どうしても現金を手に入れたいという状況に陥ってしまった方には心強い味方です。

準備する書類が少ない

後払い現金化(ツケ払いサービス)の融資条件は、基本働いている事のみなので、提出する書類が少なくて済みます。
本人確認書類と働いている事を証明するための、直近の給料明細があればOKです。
電話での在籍確認を受けたくない場合は、社員証や名刺などの提出が必要となります。
細かい書類が必要ない点も迅速融資の実現につながっているのです。
必要書類はメールの画像添付などで提出できますので、迅速でスムーズに審査が進みます。

後払い現金化(ツケ払いサービス)の注意点

後払い現金化(ツケ払いサービス)の注意点
即日融資がとてもありがたい後払い現金化(ツケ払いサービス)ですが、利用にあたってどのような点に気をつけるとよいのでしょうか。
以下、3つのポイントをピックアップしました。

審査や在籍確認がある場合も

運営会社によって様々ですが、審査や在籍確認で融資が受けられない場合があります。
カードローンやクレジットカードの審査ほど厳しくありませんが、手数料が安い会社の場合それなりに審査が厳しく、しっかりした在籍確認が行われるケースがあります。
後述しますが、在籍確認がはいるとお金を借りようとしている事がバレる可能性があることを覚えておきましょう。
確実に現金化したい場合は、手数料が高く審査が緩めの会社を選ぶのが良いでしょう。

手数料が高め

後払い現金化(ツケ払いサービス)は手数料が高いです。
迅速な現金化を実現したい方にとっては、多少手数料が高くても問題ないかもしれませんが、金融機関で融資が可能な方はあえて後払い現金化(ツケ払いサービス)を選択する必要はないでしょう。
手数料の金額は運営会社ごとにそれぞれ異なりますが、安いところで10%、高いところだと60%ほどかかる会社も存在します。
手数料は会社が負うリスクと比例していますので、審査が緩めのところほど高いと考えて良いでしょう。
自分の現在の状況を考えて、どの会社を使うのがベストなのか、しっかりと考えなければいけません。

悪質業者に注意

後払い現金化(ツケ払いサービス)の業態のせいか、運営会社のなかには悪質な業者が存在します。
給料ファクタリングが貸金業法に違反する事例が出始め、悪徳業者が後払い現金化(ツケ払いサービス)に流れていると言われています。
悪徳会社とはいわゆる闇金業者で、悪質な取り立てなど迷惑行為を立て続けに行う犯罪集団のことです。
トラブルの元となり、色々な方に迷惑をかけてしまいますので会社選びには慎重に行いましょう。

後払い現金化(ツケ払いサービス)と給料ファクタリングの違い

後払い現金化(ツケ払いサービス)と給料ファクタリングの違い
現金化サービスの給料ファクタリングと後払い現金化(ツケ払いサービス)に相違点はあるのでしょうか。
基本的にどちらのサービスも、お金のやり取りをファクタリングや、商品取引に転用したサービスで根本的には同じです。
後払い現金化(ツケ払いサービス)は給料ファクタリングと違い、貸金業の認定を受けていません。
したがって現状、後払い現金化(ツケ払いサービス)はグレーゾーンとなっており、貸金業法に従う必要はないのです。
今のところ貸金業とされていませんが、後払い現金化(ツケ払いサービス)も給料ファクタリングと同様に、貸金業と認定される可能性は高いですね。
なので消費者金融のように信用情報を使った審査を行わないのでブラックの方でも利用可能なサービスなのです。
このような状況から、後払い現金化(ツケ払いサービス)も悪徳業者が存在する可能性が高いので利用を検討する場合、会社選びをしっかりと行う必要があります。

給料ファクタリングに関しては、トラブルが多いため現在は悪質業者で溢れているようです。

 

後払い現金化(ツケ払いサービス)の運営元について

給料ファクタリングを営んでいた会社がそのまま流れてきていることから、業者の何割かは闇金業者ということができます。
すべての会社が闇金業者と断言できませんが、基本的に高い手数料を取るサービスを運営している会社は闇金に似たような会社が多いのです。
あまりに高い手数料をとっており、会社の情報が表示されていない場合は高確率で闇金業者であることが考えられます。
ひどい場合は、会社のサイトに運営会社の情報が全く記載されていない場合があります。
このような会社を利用すると後々、トラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。
利用の際は、会社情報をしっかりと確認しましょう。

後払い現金化(ツケ払いサービス)の在籍確認の有無

会社にもよりますが、在籍確認を必須としている場合があります。
一般的な消費者金融や金融機関が行う在籍確認と同じ内容で、審査状況によっては在籍確認をせずにそのまま融資実行までいくこともあり、状況によってまちまちです。
状況や申請者の属性次第で在籍確認をスキップしてくれる会社もいますので、とにかく秘密にしたい場合は相談してみましょう。

後払い現金化(ツケ払いサービス)の在籍確認の方法

運営会社はどのような方法で在籍確認を行うのでしょうか。
具体的な在籍確認方法を解説します。

職場への電話連絡(本人でなくても可)

職場への電話連絡を行い在籍を確認する方法で、クレジットカード会社や一般的な消費者金融でも行われる基本的な方法です。
申し込みの時に勤め先を申告しますが、本当に申告した会社に在籍するのかどうか、確認のために電話が入ります。
本人の名前を出して、話が通るかどうかを見るためです。
後払い現金化(ツケ払いサービス)は確認さえできれば問題ないので、個人名や親戚を名乗って電話をします。
クレジットカード会社やカードローンの会社と違い、遠慮がない運営会社も存在しますので、注意が必要です。

職場への電話連絡(本人あて)

本人が絶対に電話に出なければいけないパターンの在籍確認も存在します。
審査が厳しい銀行系クレジットカードや住宅ローンなど「金額が大きなローン」の場合に行われる在籍確認方法です。
申し込み者の属性によってはこの方法がとられる場合もありますが、
このような厳しい確認方法は基本的にとられません。

社員証や名刺

運営会社によっては、電話での在籍確認が難しい場合、社員証や名刺の画像提示のみで審査を完了することもあります。
仕事柄、外部から本人あての電話がかかってくることがありえない場合や、在籍確認の電話とすぐにバレてしまう環境の場合など、相談すると在籍確認なしとして対応してくれることもあるのです。
ある程度融通がきく運営会社も多くいますので、在籍確認がどうしてもいやだという方は、無しにしてもらうよう相談してみましょう。

職場の固定電話から運営会社へ連絡

職場の固定電話から運営会社へ電話を入れる在籍確認の方法もあります。
本人が指定した時間に職場の電話に出られない可能性がある場合や、職場の代表電話に連絡しても本人に電話が取り次げない場合に使われる方法です。
大手消費者金融会社がよく使う方法で、後払い現金化(ツケ払いサービス)も、同様の手法を取り入れているのです。

在籍確認された際のリスクとは?

在籍確認された際のリスクとは?
在籍確認のために勤め先などの情報を運営会社に渡すリスクを考えてみましょう。

個人情報がばれる

運営会社が悪質な闇金業者だと、系列の闇金業者や非合法な集団にまで個人情報がバラまかれてしまうことがあります。
センシティブな情報を申請時に記入しますので、それらの情報がセットでバラまかれてしまうことも。
支払いが遅れたときに、このようなバラまきを盾に脅してくることが十分に考えられるのです。

支払い滞納時の連絡先について

悪質な運営会社だと、支払いが遅れた時点で直接会社に来たり、嫌がらせをされる可能性が高まります。
貸金業法には取り立てに関するルールが決められていますが、後払い現金化(ツケ払いサービス)にはそのような決まりはありません。
悪質な闇金業者は何でもやってきますので、想像以上のトラブルに巻き込まれてしまうことがあるのです。
対策できることは一つだけ、最初から悪質業者を利用しないことです。

在籍確認がない運営会社は手数料が高い

在籍確認なしを売りにしている運営会社が存在しますが、運営会社が高いリスクを負うことになるため手数料が高く設定されていることが多いです。
在籍確認をされたら困る人にお金を貸して継続的に取引を続けたいという思惑もあり、お金を貸すときは緩めにしているのです。
在籍確認がないと気が楽になりますが、裏の理由があることもしっかりと把握しておかなければいけません。

後払い現金化(ツケ払いサービス)は優良会社を選びましょう

後払い現金化(ツケ払いサービス)は、お金に困ってしまいなんとかして現金化したい、という方にはとてもありがたいサービスです。
多少手数料が高くても、即日現金化できるサービスは状況しだいでは意義のあるです。
しかし、現実的には悪質な運営会社も存在するのが現状です。
利用する際は会社選びを徹底して行わなければ、後々トラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。
当サイトでは優良な運営会社のみピックアップしたランキングを用意しておりますので、運営会社選びの参考にしていただけたらと存じます。
安易に利用して取り返しのつかないことにならないよう、十分に気をつけましょう。