融資情報発信局おすすめランキング


最新情報

クレジットカード・ファクタリング・後払い現金化の違いとメリット・デメリットは?いちばん効果的な方法で現金を手にしよう!!

クレジットカード・ファクタリング・後払い現金化の違いとメリット・デメリットは?いちばん効果的な方法で現金を手にしよう!!

みなさん!!急に現金が必要になる場面ありますよね。

  • 子どもが高熱を出して緊急医にかからなければいけなくなった
  • 知人が急逝しお通夜やお葬式に行かなければならなくなった
  • トラブルや交通事故で示談金を迫られている
  • 友人から借りた支払いが・・・

といった感じの急にお金が必要になる場面がありますよね。

当サイトでは、急に現金が必要になった場合の資金調達方法について解説しています。

預金口座にお金があれば下せるはずが・・・

急に現金が必要になった場合、まず考えるのが銀行の預金口座からお金を引き出すことでしょう。
銀行は3時までで閉まりますが、ATMは深夜まで利用できます。
土日祝日も手数料はかかりますが使えます。

また、コンビニのATMなら365日24時間利用可能です。
預金口座にお金があれば、急な現金需要にも対応できるはずです。

しかし、急な出費の時に限って口座に残高がない可能性がありますよね。

さらに、最近もあったように大手都銀でもシステムトラブルでATMが利用できなくなることがあります。
突発的事態は誰も予測できません。

キャッシュカードを使おうと思ったら、磁気の部分が破損して読み込まないというケースもあります。
そうなると、ATMとキャッシュカードがあってもお金を引き出せないことになります。

急な現金需要に対応できないのは、口座にお金がない人だけではなく、十分にお金があっても普段は現金を持ち歩かないキャッシュレス派の方も、現金を調達できない事態に陥る可能性があります。

すべてキャッシュレスで支払えればよいのですが、残念ながら日本の社会システムはそこまで進んでいません。

というわけで、手持ち現金がなく、様々な理由で現金が必要になり、トラブルが重なり預金を引き出せない事態が起こり得ます。
その場合、何とかして現金を用意する方法を考えなければなりません。

「借りる」のはリスクが大きい!?

手持ち現金がないなら借入をする方法が思い浮かびます。
これはどうなのでしょうか?いちばんスタンダードな方法のように見えますが、実は落とし穴があります。

カードローンや消費者金融は信用情報にマイナス

金融機関からのお堅い借入ではなく、消費者金融やカードローンを利用する方法はいかがでしょうか?
「即日融資」を謳っているところもあり、急な資金需要にも間に合うかもしれません。

しかし、消費者金融やカードローンを利用した場合、その履歴が信用情報に残ります。
この履歴はネガティブな評価となり、今後に影響します。
消費者金融を利用する人などは、お金の使い方に計画性がないということでマイナス評価になります。

のちに、銀行等の金融機関から住宅ローンや教育ローンの借入を受けたい場合、その時の消費者金融やカードローンの利用歴があだとなり、審査に落ちる可能性もあります。

これらの借入方法はリスキーであると考えるべきです。
それなら、後述のような当サイトが紹介する方法がおすすめです。

借入ではない方法で現金を調達するメリット!

借入ではない方法で現金を調達するメリット!

現金が必要になった場合、借りるというのはどの方法もリスクやデメリットがあります。
本来は自分の口座から引き出せればよいのですが、そうもいかない場合に以下の方法を検討してみてはいかがでしょうか?

当サイトではこの3つをおすすめします。

融資情報発信局おすすめの融資
  1. 後払い(ツケ払い)現金化で融資を受ける
  2. クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  3. ファクタリングで債権を買い取ってもらう

後払い(ツケ払い)現金化で融資を受ける

後払い(ツケ払い)現金化で融資を受ける

ここ最近話題になっているのが「後払い(ツケ払い)現金化」という手法です。
ちょっと言葉からはイメージしづらいと思います。

みなさん、あのZOZOTOWNでは後払い(ツケ払い)で商品を購入できるのを知っていますか?
ZOZOTOWNの場合は、実際に自分が着る服などを後払いで購入しますが、それと似たシステムを使って現金を生み出していきます。

後払い(ツケ払い)現金化ならばクレジットカードがない、無職などでカードを持てない人が、手持ちの現金がなくても1か月以内に給料が入ってくることを条件に現金を手にすることができます。

分かりやすく説明してみましょう。

あるサイトで情報商材を後払い(ツケ払い)で購入します。
(この時点では後払いなので支払う必要はありません。)

商品が届いたら、その口コミをサイトに投稿します。
すると即座にキャッシュバックが行われます。

20,000円の商品を後払い(ツケ払い)で購入し、口コミを投稿すると10,000円がキャッシュバックされます。
後払いの期日までに20,000円を入金します。

これにより、現金がない人が後払い(ツケ払い)のシステムを利用することで、即時に現金を調達することが可能になります。

商品は下記のような商品がほとんどです。
ツケ払い(後払い)商品一覧
  • 情報商材
  • 写真データ
  • 競艇自動ツール
  • FX自動ツール

上記のように中古として買取ができない無形商品がほとんどで、従来のような古物売買の形式を取らないので、より迅速なキャッシュバックが期待できます。
古物の場合、実際にその商品を手にして売る時間がかかってしまいます。

中古品売買ではないので、古物関係の法律(古物商許可など)が適用されないことに加えて、融資でもないので、各種貸金業や融資に関する法律が適用されません。
これによって迅速で機動的な後払い現金化が可能になります。

利用の際には身分証明書や給与明細を提出し、本当に後払い契約可能か審査して契約できるかどうかのチェックを後払い・ツケ払い会社がチェックを行います。

ファクタリング以上に、現実に法律が追い付いていないので、利用にあたっては注意していただきたいことも多いのですが、ファクタリングよりも迅速に現金を入手することができます。
最短15分とかで入金があります。

「給料を受け取る権利」という目に見えないものの売買を行うファクタリングの場合、契約書の締結などが必要ですが、後払い現金化は、その商品が現に存在し目に見えるので、契約書を交わす手間もショートカットできることがあり、迅速な現金調達につながります。
もちろん融資ではないので、金融ブラックの人やクレジットカードを持てない人も利用できるサービスです。

※給料ファクタリングはトラブルが多いのでこちらのページもご覧ください。

当サイトでは、安心、安全に現金を調達できる方法や、信頼できる業者を紹介していきますので、借入以外の現金調達が必要な方はぜひ参考になさってください。


クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

手持ち現金がなくてもクレジットカードをお持ちの方は多いはずです。
クレジットカード自体はショッピングに使うもので、換金性はありませんが、ものを買うときに利用するのはクレジットカードの「ショッピング枠」というものです。

実はクレジットカードには、ショッピング枠の他に「キャッシング枠」というものがあります。
カードローンのようにクレジットカードでお金を借りることができます。

コンビニATMなどにクレジットカードを入れてキャッシングを選択すると、キャッシュカードのように現金を引き出すことができます。
キャッシングできる金額は、クレジットカード会社の契約内容によりますが、おおよそショッピングで使える金額の3分の1~半分くらいになります。
クレジットカードの明細や会員マイページを確認してみて下さい。
キャッシング可能な金額が表示されています。

キャッシング枠内であれば、コンビニATM等で自由に現金を引き出すことができます。
預金口座にお金がなくても、クレジットカードがあればOKです。

キャッシングした現金の返済は、支払利息を付けて、通常のクレジットカードの支払い(ショッピング利用分)と一緒に行われます。
つまり1か月~2か月先になるので、それまでに引き落とし口座に入金しておけば大丈夫です。

細かい手続きも不要ですし、キャッシングを利用したから今後のクレジットカード利用に不利になることもありません。

引き落とし日にしっかり引き落としさえできれば、ショッピング枠の利用と同様に「いいお客様」としてクレジットカード会社から評価されます。

キャッシング金利は通常の借入やカードローンと比べると高く、利息制限法上限の20%前後のことが多いので注意してください。
あくまで緊急に現金が必要になった場合、手続き不要でリスクなくお金を下せる「保険」としてのクレジットカードキャッシングだとご認識ください。

なお、クレジットカードの支払いをリボ払いにしている方はキャッシングの返済もリボ枠の中で行います。
リボの利息はキャッシングの利息とは別にかかるので注意してください。
安易に利用すると、キャッシングの返済がいつまでたっても終わらないことになります。

ご利用は計画的に行うようにしてください。

ファクタリングで債権を買い取ってもらう

ファクタリングで債権を買い取ってもらう

ここ数年で急速に浸透してきた現金調達方法が「ファクタリング」です。
ファクタリングとは、毎月のお給料などをもらう権利を給料日前にファクタリング会社に買い取ってもらい、給料日に返済をします。

会社員の場合や給料やボーナス、自営業の場合は「売掛金」などが対象になります。

例えば、毎月末日に30万円の給料をもらう人が、給料日前15日に急にお金が必要になった場合、ファクタリング会社に「末日に30万円の給料を受け取る権利」を譲渡します。

10万円の現金が必要な場合、「10万円+手数料(10万円の10%~20%)」の給料を受け取る権利(債権)を譲渡します。
つまり給料30万円のうち11万円~12万円を受け取る権利をファクタリング会社に譲り10万円を受け取ります。

給料日になったら、10万円+手数料(1万円~2万円)をファクタリング会社に入金します。

給料をもらうことは会社が倒産しない限り確実で、要は、ファクタリング会社は融資の場合とは異なり、確実にお金を回収することができるので、迅速な対応が可能になります。
融資の時のように数日~2週間の審査は必要なく、給料を受け取れることが確認できれば即日入金も可能です。

また、ファクタリングは融資ではないので、金融ブラック(過去に融資を受けて返済に問題があった人)やクレジットヒストリー(クレジットカードの返済履歴)に問題がある人でも利用することができます。

あくまで、給料や売掛金を受け取る権利を手数料を引いて買い取るだけなので、融資ではなく古物商に近い商売になります。

イメージとしては「給料の前借り」ですが、借りるのではなく権利を売るので、そこは抑えておいてください。
もし会社や売掛先が倒産した場合、返済義務は自分に来てしまいます。

申請者とファクタリング会社のみで成立する「2社間ファクタリング」と、ご自身の勤務先の同意も得る「3社間ファクタリング」というものがあります。

前者は会社(あるいは売掛先)にバレずできますが、手数料が高いです。
後者は会社(あるいは売掛先)にバレますが、売掛債権が確かに存在することが確認できるので、手数料が安くなります。

新しい現金調達方法なので法的保護が追い付いていない面もあり、自己責任でやっていただくことになります。
手数料が高いファクタリング業者の場合、年利にすると数100%になることもあります。

なるべく手数料が安く信頼できるところを探してください。

銀行等の融資は時間がかかる

上記の方法以外だと下記のような手法が一般的です。
借入で真っ先に思いつくのが銀行や信金からの融資です。
しかし、金融機関からの融資は時間がかかり、10日~2週間の時間を要します。
当然、急な現金需要に間に合うことはできません。

そもそも金融機関の窓口へ行く時間があるならば、カードが利用できない状態でも通帳と印鑑でお金を下せるはずですよね。

ため息1

この方法は急な資金対応ではありませんよね。

人に借りるというのがいちばん手っ取り早いが人間関係が壊れる・・

友人、知人に借りるという方法もあります。
しかし、家族であってもお金の貸し借りは他人というのが世の中の真理です。
いきなりお金を借りに来たら、友人知人は驚き、みなさんへの評価がこれまでと大きく変わってしまうでしょう。

悲しい1

この人はお金を自分に臆面もなく借りようとしている人なんだ・・・

これまで築き上げてきた関係が一瞬で壊れてしまうかもしれません。
元の関係に戻れないことを覚悟で借りられますか?
難しいですよね。

自治体から借りる

実はみなさんがお住まいの各自治体には「緊急小口融資」という10万円まで無利子で借りられる制度があります。
資金の使用目的は限定されていますが、利息が付かないのが無力です。

しかし、こちらも審査に2週間程度かかるため、緊急な資金需要には対応できません。

笑顔1

このサイトでは融資先を探す方法をピックアップしていますのでぜひご自分にあった融資先を探してみてくださいね。